引越し 3月

MENU

3月の引越しは高いことを覚悟!

引越しの最大の需要期は3月です。卒業式シーズンですので大学などへの進学や新社会人として就職する人、あるいはお仕事の都合で家族での転勤や単身赴任などなど、新生活を始める人が集中するからです。この3月から4月の上旬までに何が何でも引っ越さないといけない事情の人がほとんどと言っても良いでしょう。

 

3月には業者の確保が難しくなるほど引越しが殺到しますので、引越しすることが決まったらとにかく早めに業者の予約をすることが必要です。

 

ただし引越し業者もそこは商売!みなさんの足元をみてというわけでもないでしょうが、引越し業者は3月(〜4月)には料金を高く設定しています。

まず最初に「絶対にやってはいけない引越し」の話から。

テレビCMを観て、あるいは郵便ポストに入ってきた引越し業者のチラシを観て「ここに頼むか」とこちらから電話をしてはいけません!

 

この昔ながらの方法では100%格安引越しはできません!。特に業者の最繁忙期の3月には、釣った魚に餌はやらないがごとく、チラシの引越し業者の思うがままの料金で引越しさせられることになります。

 

テレビCMで観たから、チラシを読んで良さそうだったから、などのなんとなくな理由で業者を選んで引越した人の最大の悲劇は損したことにすら気がついていない!ことにあります。

 

なぜなら他の業者の価格を知らないのですから。
知らぬが仏とは言いますが、A社では20万円の引越し代がB社では15万円も掛からないなんてことは普通にあるのです。

 

繁忙期の3月の引越しで大損をしないためには?!

格安に引越しをするためには複数社の見積もり料金を比較したうえで決める!これしかありません。

 

以前なら、引越し料金の仕組みを知っている人ならば各引越し業者にそれぞれ電話をして見積もり金額を聞いて比較していました。もちろんこれは大変な手間が掛かった作業だったのですが。。

 

これを解消するべく登場したのが「引越し一括見積もりサービス」なのです。

 

無料で使えて、簡単に最大10社の見積もりを取得することができますので誰でも引越し見積もりを比較することが可能になりました。

 

特に最繁忙期となる3月〜4月の上旬にかけては業者間で時には倍も料金に開きがあるのも普通ですので今すぐ引越し料金相場を確認しましょう。

一括見積もりには2つのタイプがあります。

 

@従来から定番となっている「5〜10社程度からメール、または電話で見積もりが伝えられる」タイプ

 

この従来の見積もり依頼の良い所は「自分の目で比較ができる」ことです。また比較した結果を元に「直接交渉ができる」ことも魅力です。ただ電話で見積もり額を伝えてくる業者には「断る作業」が若干発生します。

 

A利用者の口コミからランキングされた評判上位業者のみを対象に「その場で相場と最安業者が分かる」タイプ

 

激安業者はサービス品質や信用度の面で心配、、、そのような方には「評判の良い信頼できる業者の中から最も安いところを利用する」このタイプが向いています。また相場を知って今直ぐ業者を手配したい方はこちらの利用が良いでしょう。ネット上で業者への予約まで完結するタイプですので、@の業者への断る作業が必要がありません。電話やメールが来るのが煩わしい方にはとても重宝するシステムとなっています。

 

 

>>無料一括見積もりの詳しい説明ページ<<

 

3月の引越しで気をつけたい3つのポイント!

週末、祝祭日を避ける!

 

混雑する季節だけではなく、日によっても料金設定を変える引越し業者もあります。土曜日、日曜日そして祝祭日は通常の月でも高いところがほとんどなのです。一例を上げると、テレビコマーシャルなどで知名度が高い日通のワンルーム・パックは週末は平日よりも5,000円高い価格に設定されています。それでもなくても高い相場となる3月〜4月上旬ですが、その最繁忙期の週末に引っ越すとダブルパンチを食らうことになりますね。できるだけ平日に引越しを行いたいのはヤマヤマですが、そうはいかない事情もあるでしょうから、せめて見積もり比較は行っておきたいところです。

フリー便は安いけれどココに注意!

 

引越しは午前中に行うのか、それとも午後から行うのかによっても価格が違う業者が多いのです。一般的には「午前便」「午後便」と分かれます。そして「フリー便」があります。
市内や県内などの近距離引越しなら朝一から作業をすれば午前中には荷物を新居に搬入できますから、その日のうちにだいたいの片付けも出来てしまいますよね。なので朝から引越し作業を開始したい人が多いのです。この時に利用することになるのが「午前便」です。
ところで引越し業者の1日の仕事は数件がスケジュールされます。3月の引越しともなれば夜まで何世帯もの引越し作業を夜までこなすことも珍しくありません。ですから顧客が望む予定通りの時刻きっかりに業者が到着出来るのは唯一「朝一番の午前便だけ」となるのです。

 

次に「午後便」ですが、閑散期であれば午後一時に依頼した作業が、業者にとってその日最初の仕事の場合もあるでしょうが、3月や4月第1週目なら午前中に仕事がスケジュールされていることになるでしょう。その午前中の仕事の進捗状況によっては午後の予定時刻通りに業者がやって来ないことも十分あり得ることが「午後便」のデメリットとなります。そしてその分、正規料金の午前便よりも「午後便」の方が割引きしてくれる業者も多いのです。

 

そして「フリー便」ですが、このフリーとは時間的なフリーのことで、つまり業者の自己都合に合わせて作業が開始されることになります。午前便に比べて格安なことが多いので利用する人も多いのですが、3月に限っては要注意です。1日に複数の仕事をこなす春の繁忙期には作業開始が夜遅くからになることも珍しくありません。(※どうやってもその日のうちに新居へ荷物を運び込むのが不可能な遠距離の引越しの方ならば旧居からの搬出が遅い時間になっても問題ないでしょうから(あまりに遅いと近所迷惑ということはありますが・・・)フリー便の利用は問題ないかもしれません。

何を差し置いても、ますは見積もりの比較を!!

 

荷物量と距離によっては業者間で10万円以上も差がでるのも珍しくないのが引越し料金というもの。予定日の見積もりを複数取って、必ず見比べてみましょう。そうすることによって適正な価格も分かりますし、不当に高い業者に引っ掛かることもなくなります。そして「他のところはもう少し安い見積もりが来ているんだけれど」という交渉の道具としても使えますよ。

 

 

引越し料金は定額のものではありません。大手の引越し会社の料金をみても一定金額として記されているのは初めて一人暮らしをする荷物の少ない人向けの単身パックくらいで(※単身パックも荷物が専用ボックスに収まらなければボックス追加となり価格は倍になります)、あとは言うなれば鮨屋のお好み料金に等しいと思っても良いかもしれません。

 

業者から提示された金額が高いのか安いのか、そもそも引越し慣れをしていない人にはその判断すら出来ませんよね。◯◯円です!と言われたら、「そんなものなのか」と納得せざるを得ないわけですから最低でも他社2社程度の価格は知っておくべきではないでしょうか。

 

複数業者の見積もりを一気に取れるサービスが便利です!

 

交渉をするためには見積もり一括取得サービスを利用しましょう。一度に10社程度の見積もりが取れるので、比較をして高い価格の業者を避けることができますし、安い業者数社をピックアップして交渉をすることも可能となるんです。
「引越し一括見積もりサービス」を利用しないで引越しをするなんて有り得ないと言えるサービスなのです。

 

>>無料一括見積もりの詳しい説明ページ<<

 

 

見積もり比較で安くやってくれる業者を探すことが可能なんです!

もう一つの引越し料金の基礎知識としては、引越し会社にとって、引越し業務におけるコストはトラックの手配費用を除けば、後はほとんど人件費だけ、ということです。

 

ほとんどが人件費ということであれば、交渉次第ではディスカウントに応じてくれる可能性もある、ということです。特にファミリーなどの大家族の引越しの場合、費用が大きくなりますので、これらの引越し料金の基礎知識を認識した上で、引越し業者との交渉を行いなるべく金額的にもサービス面でも良い条件を引き出せるよう交渉する事が家計の負担を減らす上では重要です。

 

協力的な引越し利用者を優先する?

引越し費用は安いにこしたことはありません。費用は多くの場合、引越し会社の言い値で提示されます。それは定価というものがないからなのですが(そのような性格から相場と言われたりもします)、それは業者にも言い分があるのです。引越しは時価ということですから繁忙期である3月と閑散期と言われる初夏や年末ではその料金は必然的に変わってくるものなのです。繁忙期では殺到する注文を断ることも多く、そうなってくると少しでも仕事の回数をこなさなくてはいけません。そこで業者としても協力的な利用者を優先して受けようとする傾向にあります。協力的というのはどういうことなのでしょうか。それは業者のスタッフの手間を減らすことによることが大なのです。というのは利用者側が梱包などを全て行ってスタッフは荷物をトラックに荷積みするだけ、ということなのです。引越し作業に時間がかかるのは梱包などの事前の準備だと言われています。そのような梱包を事前に利用者が行っていればこれはかなり作業にかかる時間を短縮することができます。そうなれば引越し業者も他の方の注文も取ることができますし、引越しをする側も価格を少しでも安くすることができるのです。これは両者にとっても一石二鳥といえるのではないでしょうか。引越しは利用者側もできるだけ協力することで双方にメリットがあるようにしたいものですね。それでこそ料金も安くできるのです。

 

荷物が少ないと思いがちなこの場合にも気をつけてください。

引越し料金の基礎知識として一番押さえておかないといけないポイントは、引越し料金が季節によって大きく変動する、ということです。 一般論で言って、引越しは多い時期とそうでない時期があります。多い時期の典型は3月から4月上旬です。新生活や急な転勤などで仕方のない時期ですが、引越しの日を可能であれば繁忙期からずらすことで料金を押さえる事が期待できます。勿論、賃貸マンションやアパートなどの物件が多く空く時期も繁忙期と重なりますので、難しい面はありますが、例えば2月末のように繁忙期に向けて多くの物件が出揃い、且つ繁忙期より少し前のタイミングで(3月の中旬までに行う、土日を避けて平日に行うなど)引越しを狙う、といった形が物件も選びやすく引越し費用も少なく済みます。

 

無料で利用できる! 最短1分で一括見積もりできます!
3月は業者が最も忙しい時期です。早めの業者選びが大切となります。あなたの新生活のスタートを切りましょう♪

 

 

 

>>無料一括見積もりの詳しい説明ページ<<

 

学生の引越しは

引越しには様々な形があります。というよりも引越しには一つとして同じものはないといってもいいでしょう。それは引越し料金の見積もりが一つとして同じ金額にならないことからもわかると思います。元々引越し料金には明確な定価というものがありません。一部の引越し会社では引越し料金を定価で表す試みをしていますが、それでも実情はその定価の枠を超えた引越し料金となることが多いようです。

 

そのように多様化している引越し料金ですが、引越しの中でももっともシンプルと言われる学生の場合はどのようになっているでしょうか。もっとも学生の引越しの場合は下宿となる場合もあり、引越しといっても最初はまさに着の身着のままということが多いようです。

 

現在は昔と違ってテレビが必須と言う時代ではありません。テレビよりもインターネットができる環境のほうが大事といえる時代でもあるのです。現在は液晶テレビとなっているのでテレビといってもかさばるものではありません。学生の家具の中で最も大きいものは冷蔵庫であることが一般的といえるようです。そのような学生の引越しは引越し会社に頼むまでもないかもしれませんが、現在はお金を節約する意味でも、自宅からある程度の家具を持参することが一般的となり、そのため引越し会社を利用することも多くなっているようです。学生の場合は引越し日を特定する必要もありませんから引越し会社にとっても都合のいい引越し日を指定できるメリットもあるのです。学生の引越しで最適なプランは何?を御覧ください。